ロンド・ベルの意味と部隊結成からその後

ロンドベル
スポンサーリンク
336×280

ロンドベルの意味

「ロンド・ベルなら鈴を鳴らしてりゃいいんだよ」言わずもがなレズン姐さんのセリフ。まあこのセリフ、設立理由、エンブレムからも「警音を鳴らす」といった意味合いでしょう。

ロンド・ベルなら鈴を鳴らしてりゃいいんだよ

何やらサウンドトラックに「RONDO BELL」との表記もある(画像検索で確認しましたが、確かにRONDO BELL表記!)ようですが、、、ミスなんじゃないかなあ。

ロンド・ベルの設立と部隊解体まで

ロンドベルの設立から解体まで時系列にみていきます。

ロンドベル結成 U.C.0090 3月21日

初出は『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』。
ロンド・ベルの結成は宇宙世紀0090年3月21日(第一次ネオ・ジオン抗争 ガンダムZZの後くらい)。目的は「武力的な反地球連邦政府活動の取り締まり(ようはジオン残党狩り)」とされ、ティターンズ設立目的と同じような理由で設立される。
拠点はサイド1のコロニー「ロンデニオン」。

兵士は主にエゥーゴやカラバの部隊が地球連邦軍に編入された他、コロニーや小惑星に分散していた部隊を再編成した。地球での初代の旗艦はネェル・アーガマが務め、その艦長であるブライト・ノアが艦隊司令を兼任した。
ネェル・アーガマ画像:ガンダムチャンネル

ブライトノア解任 U.C.0090 5月

ダンジダン派ハマーン軍残党と交戦した際にネェル・アーガマは損害を受け、アンマンまで撤退する。成果らしい成果を挙げられなかったブライトは、司令を解任され大気圏周回用のガルダ級へ転任となる。

ロンドベルへブライトの再任とアムロの合流 U.C.0092

宇宙世紀0092年12月22日、シャア率いる新生ネオ・ジオン艦艇がスウィート・ウォーターを占拠。連邦政府高官のジョン・バウアーはシャアに対抗できる実戦部隊としてロンドベルを再編成する。

その再編でブライトをラー・カイラムの艦長及び艦隊司令へ、連邦上層部から未だ危険視され地球での任務に回されていたアムロ・レイをMS部隊長としてロンドベルへ編入させる。ほかにも、新規量産型MS「ジェガン」導入、艦隊構成にクラップ軽巡洋艦を配属し、ロンドベルの戦力の再編成を行う。

5thルナ地球のラサへ落下 U.C.0093 3月4日

ロンドベルに編入されたアムロとブライトの会話。
アムロ「この二年間、全部のコロニーを調査したんだぞ。なのに、なぜシャアが軍の準備をしているのがわからなかったんだ」
ブライト「地球連邦政府は地球から宇宙を支配している。これを嫌っているスペースノイドは山ほどいる。ロンド・ベルが調査に行けば、一般人がガードしちまうのさ」

ロンドベルでのアムロとブライト

これはロンドベルがティターンズと同じ(ような)組織と認識されていたため、スペースノイドからは憎悪の対象となっていたことが大きな要因でもある。

第二次ネオ・ジオン抗争(逆襲のシャア)のロンドベル U.C.0093 3月12日

ロンドベルの活躍は『逆襲のシャア』の通り。
アムロとνガンダムの引き起こしたサイコフィールドでアクシズが地球圏から離脱。アムロは消息不明となる。

第三次ネオ・ジオン戦争(ガンダムUC)のロンドベル U.C.0096

ガンダムUCでのロンドベルは、オットー・ミタス艦長のネェル・アーガマが『ラプラスの箱』をめぐる政争に巻き込まれる。
サブ的な登場となったがブライト・ノア(大佐)は、新型ミノフスキー・クラフトとジェスタの実働試験を行うためラー・カイラムにロンド・ベル隊司令兼、艦長として乗艦。

ガンダムUCでのロンドベル

ブライトは、その後バナージとユニコーンガンダムをネェルアーガマと合流できるよう動いたことがきっかけで、ロンド・ベル司令を更迭される。

マフティー反乱(閃光のハサウェイ)ロンドベル U.C.0105

ロンド・ベル隊は抗争が終結してすぐに規模を縮小され艦艇やモビルスーツ、人員を連邦軍内部に新設された第13独立部隊に編入されることに。これを解体と考えるか難しいところかもしれないが、第13独立部隊も連邦軍のいかなる防衛隊にも属せず有事に於いては連邦軍直属の遊撃部隊として運用されるとされている。
ブライトも第13独立艦隊の艦長として活動している。

その後、ロンドベルについては表立って登場していない(と思われる。)

スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280